職場選び

ブラックな病院に働いて気づいた!理学療法士の仕事をする上で3つの大切なこと

理学療法士 大切なこと

悩めるPT
学生の頃思い描いていた理学療法士の働き方とは全然違うな。もっとリハビリに専念出来ると思ってたし、給料も休みも多いんだと思っていた。

こういた疑問に答えていきます。

 

理学療法士の仕事をするようになって、学生にのときに思い描いていた理想とギャップをたくさん感じていました。

新卒で初めて働いた職場が、あまりにもブラックな環境だったので、余計にギャップを感じてしまったんでしょう。

 

  • 給料は安い
  • 残業が多い
  • 勉強を強要してくる
  • リハビリ業界の閉塞感
  • 他部門の仕事も兼任する
  • リハビリ業界の将来の不安感

 

上記に挙げた項目が、実際に働いてみて感じたギャップ。すでにリハビリ業界で働いている方は感じていると思います。

 

リハビリ業界に限らず、どの職種でも感じることだとは思うけど、やっぱり理想とギャップを感じてしまうと、気になってしまうもの。

この記事では、 ぼくが、理学療法士として働く上で3つの大切なことを書いていきます。

 

働く上で大切にしている3つのこと

  1. 家族・自分の時間を大切にする
  2. 仕事は生きるためのツール
  3. のんびり生きていきたい

上記に挙げた項目は、 ぼくが理学療法士として働く上で大事にしていることです。ひとつずつ説明していきますね。

 

① 家族・自分の時間を大切にする

理学療法士 大切なこと

新卒で入職したところが、あまりにもブラックだったので、転職しました。

転職した理由は、下記のリンクに詳しく書いてあるので、良かったら読んでみてください。

転職してからは、自分、家族の時間を取ることが出来ました。前職では、自分の時間なんて取ることが出来なかったから、すごく新鮮でした。

この時間を使って、自分のスキルアップや家族のために使っています。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の方たちは、患者や入所者のために熱心に勉強する方が多いです。

患者、入所者ために!というのを理由に、自分を蔑ろ(ないがしろ)にしている方は多い。仕事だから勉強するのは当たり前だけど、人にも勉強を押し付けるような方もいたので、引いてしまっていました。

ぼくが意識低い系ではなく、リハビリ業界の異様な空気に、引いてしまっていました。引いている方はぼくだけではないはずです。

転職してから、そういった空気からも開放されて、自分の人生を楽しむことが出来ています。環境が変わると気持ちが変わる!気持ちが変わると、いろいろなことにもチャレンジ出来ます。

ベテランPT
知らず知らずのうちに時間を搾取されている方は多いです。

 

② 仕事(理学療法士)は生きるためのツール

理学療法士 大切なこと

仕事は、「仕事のために生きる」「生きるために仕事をする」かの2種類に分けられます。

ぼくは、後者の方なので、本業の仕事の勉強はほどほどにしています。これが良いのかは個人の価値観です。

高度経済成長時代のように、やったらやっただけ、成果や報酬が得られて、昇給も高ければ、モチベーションも違います。

現在はそうもいかないので、生きるために仕事をしていた方が、仕事からのストレスも減ります。

本業はほどほどにして、副業もしながら違う分野のスキルを磨き、違うところから貰える収入の柱を増やしてた方が、この先の不安も和らぎます。

特にリハビリ業界は、この先どうなるか分からない業界なので、理学療法士のライセンス一本でいくのはリスクが高いと感じています。

これも個人的な価値観ではあるけど、50、60歳になって、肉体労働のリハビリをしているのは身体がキツいです。管理職、課長といった席も少ないだろうし、平社員のままだと肉体労働は必須。

そうならないために、生きるためのツールを増やしておくのも一つの手段。

 

③ のんびり生きたい

理学療法士 大切なこと

自己犠牲をした仕事のやり方だと、のんびりした生活は出来ないと気づいてからは、仕事は定時に上がるように心がけています。

資本主義社会なので、どうしても働かないといけないので、こればかりはどうしようもにない。

その中でもやり方はあるので、本業はほどほどにしながら、副業で昇給以上の収入を得ています。

残業代を稼ぐために、わざと残業している方もいるけど、早く帰って収入の柱をたくさん作っていた方が、将来のんびりした生活が出来ます。

今は、のんびりは生きられないかもしれないけど、残業しても残るのは虚しさだけなので、副業のスキルを磨きながら、将来はのんびりした生活を手に入れるために頑張っています。

ベテランPT
あわよくば勤め人から卒業して、お金はお金で稼げるようになりたい

 

たまには、自分の人生を見直してみるのも良い

ずっと仕事をしていたら、人間飽きてくるものです。こればかりは仕方のないこと。

仕事に飽きてきたな、と感じたら立ち止まって自分の人生を見直してみる時期だと思っているので、ゆっくり見つめ直してみましょう。

行き詰まっているなら尚更、見直してみることをお勧めします。

きっと自分が優先したいことが見えてくると思います。

 

さいごに:人生一度切り、楽しめる人生を

これも使い古された言葉だけど、人生一度切り。

「仕事に生きる」か「生きるために仕事」をするかで、人生は大きく違ってきます。これは個人の価値観に依存するので、悩んでいる方は見直してみると、よりよい人生を生きられます。

ぼくは、のんびり家族と過ごしたいので、本業はほどほどに副業でスキル磨きに励みます。

ベテランPT
自分の人生、楽しく生きたいですね

2019/12/30

2019年は、転職したり副業したりとたくさんチャレンジした年だった。2020年の抱負とか

ReadMore

訪問リハビリ 転職 良かったこと

2019/11/26

訪問リハビリに転職して良かったこと、大変だと感じたことを伝えたい

ReadMore

理学療法士 作業療法士 将来性

2019/9/11

理学療法士・作業療法士の将来性はない?自分次第でどうにでもなります

ReadMore

理学療法士 共働き

2019/8/7

理学療法士と結婚したら共働きは必須な理由と給料アップする方法

ReadMore

2019/6/16

理学療法士が幸せを感じながら仕事を続けるために必要な3つのこと

ReadMore

2019/5/16

理学療法士に飽きてきたら実践して欲しい3つのこと!副業はお小遣いも稼げるからオススメ

ReadMore

理学療法士 ブログ 稼ぐ

2020/1/4

理学療法士がブログで稼ぎ続けるために実践している7つのこと

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
PTねこさと

副業PTねこさと

30代、既婚者の理学療法士(7年目)。 ブラック病院を経験し老健へ転職しました。 このこのサイトでは、ブラック病院の体験談と転職することで新たな道が開けることを書いています。副業で収入も得ているので、副業のことも書いています。 悩んでいる方が少しでも笑顔が増えてくれたら嬉しいです。

オススメ記事

理学療法士 転職 1
転職 デメリット 理学療法士 2

転職するデメリットでお悩みですか? ぼくは、転職することで、ストレスから解放されました。 転職するまでは、不満を持ちながら働いている時間はムダだったと感じています。 理由はストレスを感じながら、働いて ...

理学療法士が転職して分かった4つの大切なこと 3

転職してからは、圧倒的に時間・精神的に余裕ができて、副業でもプラスアルファの収入を得ることが出来ています。

-職場選び
-

Copyright© 理学療法士のための働き方・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.