転職のコツ

理学療法士が転職サイトを使うメリット・デメリットを徹底解説していく

 

理学療法士 転職サイト

悩めるPT
良く転職するなら転職サイトを使った方がいいよ。と聞くことが多くなったんだけど、どうしてなんだろう?使うメリットはあるんだろうか?

こんな疑問に答えていきます。

 

理学療法士・作業療法士が転職をする際に、仕事をしながらだと、良質な情報を入手することが出来ません。

理由は、1人での情報収集は限界があるし、実際に求人先に問い合わせをしないと、給料面や休日といった詳しい待遇面などの条件は聞けないからです。

 

そこで、頼りになるのが「転職サイト」。

 

多くの理学療法士・作業療法士が転職を成功させているのは、転職サイトを上手く活用しています。

転職サイト使うと、時間がない方でも電話やメールで情報収集をすることが出来ます。

しかし、転職サイトもたくさんあるので、どこを選んだらいいのか分からない方もいます。

この記事では、なぜ転職サイトが無料で使うことが出来るのか、転職サイトに登録することのメリット、デメリットを解説していきます。

最後まで読むことで

 

理学療法士の転職サイトが無料で使える理由

 

  • 求人先(企業)から紹介料を貰っている
  • 転職者は一切にお金はかからない

 

転職サイトを使う上で知らないといけないのが、転職サイトの仕組みです。

 

転職サイトは、求職者が使うのは全て無料です。登録も無料、キャリアアドバイザーのサービスも無料、求人紹介も無料、就職が決まっても無料です。

 

しかし、転職サイトもビジネスなので、お金が発生する瞬間が1度だけあります。それは、求職者の就職が決まった瞬間です。

 

求職者の就職が決まったら、「求人先(企業)」から紹介料として料金が発生します。

 

これは求人先(企業)のメリットだけど、無闇やたらに転職者を相手にするよりも、希望条件にあった人材を転職サイトから紹介してもらった方が、お互いにWin-Winで効率的で良いのです。

 

こういった理由で、転職者は、料金が一切かからずに、安心して使うことが出来るのです。

 

理学療法士が転職サイトを使う5つのメリット

 

  1. 転職市場の相場を知ることが出来る
  2. どんな人材が必要とされているのか分かる
  3. 効率よく良い情報を受け取れる
  4. 求人選びの「軸」を定めてくれる
  5. 転職のタイミングを教えてくれる

 

1人では、気づくことが出来ないことばかりだったので、転職活動だけでなく、人間的にも気づきがあって良かったと感じています。

 

上記の項目を細かく説明していきます。

 

① 転職市場の相場を知ることが出来る

悩めるPT
相場ってなんだろう?給料は高ければ高い方がいいんじゃないの?

転職するときは、自分の希望を優先してしまって、転職を失敗してしまうケースもあります。

 

具体的な希望は

  • 給料アップしたい
  • 休日が多いところがいい
  • スキルアップしたい
  • 人間関係が良いところ

 

上記に挙げた項目が主に多い。この希望は自分の欲求だけであって、転職市場がどうなっているかは無視していることになります。

 

極端な例を出すと、年収500万で、年間休日は133日といった求人があるとする(これは実際にあった)。

一般的な年間休日は、祝日を合わせても124日しかないのに、133日は一般常識がからはオーバーしています。

 

「おお!休日多いのか!良さげ!」と気になるところだけど、冷静になって考えると、これだけ休日が多いのは怪しい。

この求人は、気になったので、キャリアアドバイザーに問い合わせたら、すぐに情報収集をしてくれました。

 

結果は、1日の就業時間が長い(残業含む)ため、休日を多くしているとのことだった。良し悪しは個人の価値観だけど、ぼくは、残業が多いと長く勤めることは出来ないので見送ることにしました。

転職サイトに登録していると、気になる求人をキャリアアドバイザーに伝えると、どんな求人なのか、内部情報も教えてくれます。

 

② どんな人材が必要とされているのか分かる

求人票には、給料や休日といった基本的なことしか記載していません。

求人先が、どんな人材が欲しいのかは、一切書かれていません。

 

例えば、経験年数は年、新人指導が出来る、中間管理職を出来る人材を探して欲しいと、転職サイトに伝えています。

求人先の希望と求職者の希望を照らし合わせて、出来るだけマッチングするようになっています。

 

求人先の希望する人材を、キャリアアドバイザーを通して聞くことが出来るので、面接対策をすることが出来ます。

 

面接は、自分が望むことばかりを話すと印象が悪いです。出来るだけ求人先が希望する人材像を知っていることでアピールポイントも増えるので、面接の成功率はアップします。

ベテランPT
ホームページに載せていないことも聞けるのはポイントだね

 

効率よく良い情報を受け取れる

仕事をしながらだと、1人で情報収取は限界があります。

ネットに掲載されている求人を探すのも一つの手ですが、膨大な量の中から自分にマッチしている求人を探すのは時間がかかる

 

キャリアアドバイザーに自分の希望を伝えるだけで、自分にマッチした求人をすぐに紹介してくれます。

しかも、キャリアアドバイザーは求人先の内情を知っているので、ブラック会社に当たらないように紹介してくれます。

 

実際に働いてみないと、ブラックかは分からないので、事前に知ることが出来るのは嬉しい。

転職サイトに登録するのは、求人先の「信頼」「安心」を取るためと言っても過言でなない。

 

④ 求人選びの「軸」を定めてくれる

転職する理由は、給料、休日、労働時間、人間関係、通勤時間、スキルアップなどといった希望があります。

もっと言えば、「どんな環境なら気持ちよく働けるのか」「なんのために働くのか」も考えなければなりません。

しかし、全部の希望が叶う職場は絶対にありません。

なので、優先順位を付けて転職活動をしないと、いつまで経っても内定を決めることは出来ない。

 

そこで、頼りになるのが、キャリアアドバイザーです。キャリアアドバイザーは、求職者から今後どうなりたいのかをしっかりヒアリングしてくれるので、優先順位の「軸」を決めてくれます。

 

ぼく自身もあれもこれもと希望がたくさんあったけど、「軸」をしっかり決めることで面白いほどに、気持ちよく内定が決まりました。

 

⑤ 転職のタイミングを教えてくれる

転職のタイミングは、求人が多い時期だけではないのです。

理由は、「あなたは転職するタイミングなのか」を考えてくれます。

よくよく考えたら、自分の考え方を変えるだけで、転職をしなくても良くなったというケースもあります。

 

転職サイトは、求人紹介をするだけでなく、「あなたに転職が必要なのか?」を転職するタイミングをもアドバイスしてくれます。

転職は人生に関わってくることなので、転職して不幸になる人もいれば、幸せになる人もいます。

 

目先の問題を解決したいがために、短期的に考えてしまい、自分が今後どうなっていきたいのかを考えずに転職する方は、不幸になりやすいです。

 

キャリアアドバイザーは、しっかりヒアリングをしてくれるので、転職した方がいいのか、転職するタイミングを見極めてくれます。

 

これは、自分だけでは気づくことは出来ないので、悩んでいる方はキャリアアドバイザーに相談して見極めてもらう方が、後悔のない転職が出来きます。

 

 

理学療法士が転職サイトに登録するデメリット

悩めるPT
転職サイトって良いことばかりだけど大丈夫?

転職サイトはメリットもあればデメリットもあります。

デメリットまではいかないけど、転職サイトを使う上で注意したいことを挙げていきます。

 

  1. 必要ないのにしつこく連絡が来る
  2. 条件の悪いブラックな求人票しか紹介されない
  3. 無理やり面接をさせられそうになった
  4. 担当のアドバイザーが適当だった

 

上記に挙げたことが、最低でも転職サイトを使う上で注意したいことです。

 

ぼくも実際に使ってみたけど、担当して頂いたキャリアアドバイザーは、性格も良くて、熱心に話を聞いてくれる方でした。安心して転職活動をすることが出来たので、上記のような心配はなかったです。

しかし、転職サイトの内情のところでも、書いた通り転職サイトもビジネスです。中には、利益欲しさに、ろくにヒアリングもせずに、求人を勧めて面接に繋げようとうするキャリアアドバイザーもいます。

 

転職サイトからしたら、就職が決まりさえすれば、求人先から利益が貰えます。正直なところ、誰がどんなところに就職しようがどうでもいいのです。

そんなキャリアアドバイザーに当たらないようにするのが注意点です。

 

とはいえ、担当するキャリアアドバイザーは、くじ運なので、最初は選ぶことが出来ません。

一緒に転職活動をしていて、不信感や不満があるなら、キャリアアドバイザーを変更することも出来ます。

ぼくの知り合いは、自分と合わなかったという理由で、担当を変更しています。

 

良いキャリアアドバイザーかを見極めるポイントとしては、しっかり話を聞いてくれるかどうか、熱心にあなたのことを考えてくれるかです。

自分だ熱心でもキャリアアドバイザーが冷めていたら、転職は成功しません。

 

リスク分散として複数の転職サイトに登録する

これはぼくもやっていたことだけど、リスク分散として、複数の転職サイトに登録していました。

複数の転職サイトに登録するメリットとしては、「好条件の求人に出会える確率がアップする」「良いキャリアアドバイザーに出会える確率がアップする」2点。

 

転職サイトよって、扱っている求人も違うので、好条件の求人を紹介してくれる確率はアップします。もちろん非公開求人も多いので、その中からあなたにマッチした求人を厳選して紹介してくれるのです。

 

自分と相性が合わないキャリアアドバイザーを変更するのが、心苦しいなら、もう一方の転職サイトを使うことで、気持ち良く転職活動をすることが出来ます。

1番良いのは、担当を変更して貰った方が、好条件の求人に出会える確率がアップします。

 

とはいえ、転職をキャリアアドバイザー任せだけにすると、痛い目を見るので、自分の軸を持って意見を言うことが大事になってきます

転職は受動的にならずに積極的に動いた方が成功します。

 

 

良質な転職サイトを見極めるポイント

悩めるPT
デメリットのこともあると、どんな転職サイトに登録したら良いのか分からないわ…

冒頭でも説明した通り、転職サイトもビジネスです。

ビジネスなので、ろくにヒアリングもせずに、どこでも良いから求人を紹介して就職してもらおうという転職サイトもあります。

 

良い求人に出会える確率は、キャリアアドバイザーに左右されるので、評判の良い転職サイトを使う方が安心出来ます。

ぼくが、実際に使って良かった、3つの転職サイトを紹介しますので、転職を考えている方は良かったら使ってください。

 

大手の「マイナビコメディカル」ならキャリアアドバイザーの指導もしっかりされているので、親切丁寧に転職をサポートしてくれます。

全て無料登録できます。

 

 

さいごに:理学療法士は転職サイトをうまく活用することで転職は上手くいく

転職は人生に関わってくるので、失敗はしたくないですよね。転職を成功させるためには、上手く転職サイトを利用することです。

この記事を読んだあなたなら、転職サイトがどういったものなのかを理解出来たと思うので、上手く利用することが出来るはずです。

 

転職を成功させて、幸せになりましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
PTねこさと

副業PTねこさと

30代、既婚者の理学療法士(7年目)。 ブラック病院を経験し老健へ転職しました。 このこのサイトでは、ブラック病院の体験談と転職することで新たな道が開けることを書いています。副業で収入も得ているので、副業のことも書いています。 悩んでいる方が少しでも笑顔が増えてくれたら嬉しいです。

オススメ記事

理学療法士 転職 1
転職 デメリット 理学療法士 2

転職するデメリットでお悩みですか? ぼくは、転職することで、ストレスから解放されました。 転職するまでは、不満を持ちながら働いている時間はムダだったと感じています。 理由はストレスを感じながら、働いて ...

理学療法士が転職して分かった4つの大切なこと 3

転職してからは、圧倒的に時間・精神的に余裕ができて、副業でもプラスアルファの収入を得ることが出来ています。

-転職のコツ
-,

Copyright© 理学療法士のための働き方・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.