理学療法士の働き方

2019年は、転職したり副業したりとたくさんチャレンジした年だった。2020年の抱負とか

 

PTねこさと
2019年も本業と副業を両立した、ねこさと(@PTnekosato)です!

 

今年は、介護老人保健施設で主任をしていたけど、思い切って訪問リハビリへ転職したり、副業もしたりと、たくさんのことにチャレンジしてきました。

 

副業の収益に関しもてちょっとだけ触れていこうかな。

 

2019年も終わってしまうので、振り返りながら2020年にチャレンジしたいことなども書いていきたいと思います。

 

2019年でチャレンジしたこと

訪問看護ステーションへ転職をした

冒頭でもちょろっと触れたけど、介護老人保健施設の主任から、思い切って訪問リハビリへ転職しました。これが最大のイベント。

 

転職した理由は、単純に訪問リハビリがしたかったからです。

 

訪問リハビリは、利用者や家族とのコミュニケーションがより蜜になってくるので、病院や老健のリハビリとギャップを感じてしまうと同時に、在宅での生活するというのは、素晴らしいことであり、高齢者にとっては大変だなということも感じることができました。

 

実際に訪問リハビリに携わってみると、楽しさやいろいろな葛藤も生まれたが、体験しないと分からないことがあったので、チャレンジしてみて良かったなと感じました。

 

 

ジムに通うことにした

思ったが吉日で、ジムに通うことにしました。

 

通うきっかけになったのは、車移動の多い訪問リハビリへ転職して、運動不足になったからです。

運動不足になり、なんだかお通じも出る頻度が減り、腸内環境の調子が悪くなってしまいました…

 

運動不足になると、ストレスも溜まりやすくなるし、気持ちも落ち込みやすくなるので、運動することは大事だなと、身をもって感じました。

 

2020年には、ムキムキマッチョPTを目指したいと思います。

 

サイト(副業)のアクセスと収益がアップした

 

本業と同じぐらい大事にしているのが、副業です。

 

メインの「NekosatoLog」を運営しながら、企業からの商品レビュー依頼や広告料金を頂きながら副業としての収益を得ています。

 

本業と副業を両立するのは、すごく大変だけど、スキマ時間を見つけながら続けています。

去年と比較すると、アクセス数も伸びて、収益も前年比150%もアップすることに成功しました。

今後も、Googleのアルゴリズムの変更で、どうなるかは分からないけど…

 

他の方と比べてしまうと、大した金額ではないが、飽きっぽいぼくが、約3年もサイトの更新を続けているなんて、自分でも褒めてあげたいぐらいです。

 

「続ける」という点では、自信に繋がっているので、まさに継続は力なり!

 

続けても必ず結果が出るとは限らないが、続けないと分からないことが多いので、これからも試行錯誤しながら続けていきたいと思います。

 

今後は、サイトを通して、何かが出来ればな、と考えています。

 

PTねこさと
収益は、理学療法士の給料ぐらいでした

 

 

2020年にチャレンジしたいこと

投資をして資産を増やしていきたい

銀行やタンスに寝ている、福沢諭吉さんが増えてきたので、せっかくだから投資をしてみることにしました。

銀行やタンスで寝ていても、利息はつかないし…

 

投資をしている先輩のアドバイスを受けた結果、「楽天証券」で積み立てNISAで投資をすることにしました。

楽天証券なら、楽天ポイントでも投資することが出来るし、投資すると楽天ポイントも貯めることも出来るので、かなり良さげ。

 

投資をすることで、元本割れするかもしれないけど、ちょっとでもお金持ちになりたいので、小額から投資しながら勉強していきたいと思います。

 

PTねこさと
お金と経済の勉強も出来るし一石二鳥!

 

新しいサイトを立ち上げたい

これは、チャレンジしたいこと、というよりは、まだ構想の段階…

 

カテゴリーやタグ、サイト構成、マネタイズまでは、おぼろげだけど構想はあるんだけど、どうしようか迷っています。

 

このサイトで、新しいカテゴリーを追加するのも良いけど、新しいドメインを取得してサイトを立ち上げた方がユーザビリティは良さげだよなと思ったり…

 

複数、サイトを立ち上げているから、新たにサイトを立ち上げても更新出来るか心配があるんですよね。

 

ああ、時間が欲しい。

 

引越しがしたい

これもチャレンジがしたいというよりは願望。

 

現在、住んでいる賃貸で不満はないけど、もう少し広いところ、日差しが入るところに引越しがしたいなと感じるようになりました。

 

副業では、モノ撮りも多いし、作業スペース欲しくて、引越しがしたいのです。

 

贅沢といえば贅沢なのかもしれないが、本格的に写真の撮り方なども勉強していきたいし、副業にも集中したいんですよね。

 

自分の書斎がある生活は憧れますよね。そんな感じです。

 

働き方を変えたい

 

これも願望。

 

訪問リハビリへ転職をして、理学療法士の仕事をずっと続けるのは、身体的に大変だなと強く感じるようになりました。

 

理学療法士という仕事は好きなんだけど、身体が資本の仕事なので、年齢を重ねるごとに、大変さも多くなってきます。

 

今は、30代だから続けることは出来るけど、50、60代にもなって肉体労働の理学療法士を続けるのは大変。

管理職か社長になるぐらいしか身体への負担は軽減することは出来ないし、ヒラの理学療法士を続けるのは難しいと感じています。

 

これからは、週4で理学療法士(非常勤)+ 週1で副業で暮していくのはどうか?と検討中。

副業の収益は月によって安定しないから、リスクヘッジで理学療法士の非常勤の時給は高めにし、副業も本格的に頑張るという算段です。

 

上手くいくかどうかは分からないけど、試してみたい働き方ではあります。

 

もし、上手くいけば、自宅にいながら仕事も出来るので、家族でいる時間もたくさん作ることが出来ると思うのです。

 

さいごに:2019年は良い年だった

1年先もどうなるか分からないけど、出来ることをたんたんと出来ることをやるだけです。

 

上手くいくなんて分からないが、やらないと分からないことが多いので、チャレンジしていきたいですね。

 

やらないで後悔するより、やってスッキリする方が実りある人生になるかと思いながら生きています。

 

PTねこさと
2020年も良い年になりますように!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
PTねこさと

副業PTねこさと

30代、既婚者の理学療法士(7年目)。 ブラック病院を経験し老健へ転職しました。 このこのサイトでは、ブラック病院の体験談と転職することで新たな道が開けることを書いています。副業で収入も得ているので、副業のことも書いています。 悩んでいる方が少しでも笑顔が増えてくれたら嬉しいです。

オススメ記事

理学療法士 転職 1
転職 デメリット 理学療法士 2

転職するデメリットでお悩みですか? ぼくは、転職することで、ストレスから解放されました。 転職するまでは、不満を持ちながら働いている時間はムダだったと感じています。 理由はストレスを感じながら、働いて ...

理学療法士が転職して分かった4つの大切なこと 3

転職してからは、圧倒的に時間・精神的に余裕ができて、副業でもプラスアルファの収入を得ることが出来ています。

-理学療法士の働き方
-

Copyright© 理学療法士のための働き方・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

\無料登録/あなたにピッタリの求人が見つかる!
おすすめ転職サイトはコチラ