理学療法士・作業療法士の悩み

リハビリ業界はブラック!低給料!休み少ない!サービス残業!

更新日:

リハビリ業界 ブラック

悩めるPT
私の職場ってブラックなのかな?帰宅する時間も遅いし、仕事量が多いのに給料も少ない。他の病院や施設はどうなんだろう?

この記事は、自分の職場がブラックなんじゃないか?リハビリ業界の真実について知りたい方向けに書いています。

約6年、理学療法士として働いているが、昇給した金額は5年間で5,000円もないです。

医療業界は、高給取りなんだろう?と思っている方もいると思いますが、正直な話、リハビリ業界の給料は低いです。

理由としては、診療報酬や介護報酬は減収の影響を受けて、年々低くなっているからです。給料が低い上に、休日も少ないし、残業は当たり前なブラック業界。

どうなっているんだ、この業界…

しかし、病院の給料や年間休日も少なかったので、介護老人保健施設へ転職し、給料と年間休日はアップしました。

この記事では、これまで理学療法士をやってきてブラックだなと、感じたことを書いていきます。

現職に不満があって転職を考えている方の参考になってくれたら嬉しいです。

 

理学療法士・作業療法士の平均年収は低い

理学療法士 年収 ブラック

出典:Career Garden

これは理学療法士・作業療法士の年代別で見たグラフ。

年代が上がるごとに少しずつだけど、女性との差が出てきています。女性は子どもが生まれたりと、子育てを始める方も多くなってくるので、雇用形態が変わったりするから、その分男性と差が出たりするんでしょう。

しかし、このグラフを見ても年収は大幅には上がってはいません。

このグラフは、現在の診療報酬や介護報酬での給料なので、これからは少しずつ下がってくると思います。

極端までには、下がらないにしても上がることはないです。

 

理学療法士の30代をモデルとした平均年収

  • 平均年齢:31.5歳
  • 勤続年数:5.3年
  • 労働時間:162時間/月
  • 超過労働:5時間/月
  • 月額給与:284,000円
  • 年間賞与:639,900円
  • 平均年収:4,047,900円

-厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」より引用

平均年収は、約405万円。

一般企業と比較よりは、ちょっと低め。

ぼくが勤務していた病院よりも、この年収は多くて羨ましいですが、実際はこの平均金額より少ない病院、施設が多いと思います。

40〜50代になっても、大幅には年収が上がらないとなると悲しい…子育てや老後を考えると心配でならないです。

介護保険や診療報酬の予算削減もあって給料は下がる一方ですし、お金の不安は尽きない。

実際にぼくが勤務している病院でも、後輩たちの給料は5,000円下がっています。

たかが5,000円と思うかもしれませんが、5,000円 × 12(月)=60,000円。計算すると、かなり大きい額になります。

しかも給料は低い上に、昇給率も低い。

実際にぼくが勤務しているところは、内訳は基本給が500円程度。これが現実です。

基本給がアップしないと、ボーナスもアップしません。

 

理学療法士・作業療法士は休日も少ない

理学療法士 ブラック

勤務先にもよるが、ぼくが勤務している病院は休日は少ない。年間休日は、107日なので、祝日休みはないです。

もちろん祝日に出勤しても振替えの休みは貰うことは出来ないので、奴隷のように働いています。

回復期に働いている方は、365日リハビリを提供しているので、休日も不定期になりがちですよね。

家族をもっている方からしたら、家族サービスなどもやりにくい環境です。

これから結婚を考えている方は、環境面はしっかりと考えていきたい。

訪問リハビリや老人保健施設などなら、比較的まだ休日は確保できる環境だと思います。

給料、休日、少ない!理学・作業療法士が「辞めたい」と思う5つの理由では詳しく書きましたが、セラピストが辞める原因は、給料低いし休日も少ない肉体労働だからです

 

残業は当たり前。先に帰ると白い目で見られる

リハビリ 残業

セラピストは、リハビリだけが仕事ではないので、事務作業もたくさんあります。

カルテ記入に実施計画書、カンファレンス用紙の記入などなど他にもたくさん…

時には、業務終了後にカンファレンスが開かれたりして、終わったあとに事務作業なんてことも。

 

これも勤務先によるけど、頻繁に、勉強会や院内研修が行っているところもあります。

もちろん自分の知識のアップデートに繋がるので、すごく良いことなんですが…あまりにも頻度が多いと自分のプライベートを削ってまでとなると身体的にも精神的にももちません。

しかもこれらは、知識はついても残業代を支払われることはないです。いくら頑張っても残業代はつくことはないのです。

支払われても「何時間まで!」と時間制限がかかっています。ぼくが勤務しているところがそのパターン。

更に言えば、定時に帰ろうものなら昔ながらの名残なのか、残って勉強するのは当たり前的な考えの人がいるので、白い目で見られたりします。頭の硬い人たちが、未だに残っているところもあります。

リハビリ業界は人の役に立つ仕事だということをいいことに、会社側は「やりがい搾取」をやっているところは多い。実際にぼくはやりがい搾取をあっていました。

やりがいってなんだろう。と、思うようになってきたらチェックしてみてください。

 

リハビリ業界にもノルマはある

細かい計算は省きますが、病院のリハビリ科には「ノルマ」があります。

これは勤務地にもよると思いますが、ぼくが勤務していた病院には18単位というノルマがありました。

ノルマがある理由としては、一人分の給料が支払えるぐらいの収益が得られるから18単位と定めています。

ノルマは課されているけど、病院だと患者さんの体調にも左右されたり、時期によっては入院している患者さんの数によってはノルマ達成出来ない日もあります。

幸いなことにぼくが勤務している病院では、ノルマ達成出来なくて咎められることはありませんでした。しかし、各々の月の収益表を回覧されるので、収益が悪いといい気持ちはしないし、プレッシャーでした…

勤務地によっては、ノルマに厳しいところもあるので、日々の仕事はストレスが多そうです。

ベテランPT
いろいろとストレスが多いリハビリ業界…

 

理学療法士が年収をアップさせるには?

理学療法士は仕事が大変なのに、給料が少なくて不満に思っている方が多いです。

ぼくもそのうちの1人だったので、気持ちはすごく分かります。

しかし、不満に思いながらも、現状維持で悩んでいたら一切変わることはありません!これは真実でり、あなたも分かっていることだと思います。

ぼくは、給料が少ないのが我慢出来なかったので、転職を決意しました。そして給料アップすることに成功することが出来ました。

もちろん1人で転職活動をしていたら、失敗していたと思います。

 

転職に成功したのは、転職サイトを上手く活用し、キャリアアドバイザーにアドバイスを貰うことが出来たからです。

キャリアアドバイザーは、求人先の情報をたくさんもっています。1人で転職活動をしていては、貰えないような情報もあるので、転職サイトは絶対に活用すべきです。

もちろん転職サイトに登録するメリットはそれだけではありません。求人には非公開求人というのがあり、転職サイトに登録しないと教えて貰えないような求人も中にはあります。

非公開求人のほとんどが好条件の求人の場合が多いので、競争率も高くなりがちです。転職サイトに登録することで、優遇してもらうことが出来ます。

少しでも、現状に不満があって転職を考えているなら、転職サイトに登録だけでもしておいて、有益な情報をもらいましょう。転職サイトに登録しても条件が合わなければ断ることも出来ます。

もちろん、料金などは一切かからないので無料で活用することが出来るので安心。

 

ぼくが実際に使った転職サイトは、「マイナビコメディカル」です。ほかにも使ったけど、マイナビコメディカルは大手なので、キャリアアドバイザーもしっかりしており、非公開求人もたくさん紹介してもらうことが出来ました。履歴書や職務経歴書、面接の対策までアドバイスを貰うことが出来ます。

転職サイトに登録するだけで、スタートから優位に立つことが出来るので、登録すらしていない方は損してしまいます。

悩んで苦しんでいたら転職し、楽しく仕事をして、自分の時間を大切に使いましょう!

大手だから安心!

マイナビに無料登録

※料金は一切かかりません。

 

さいごに:就職・転職はしっかりと情報収集が大事

  • 給料は低い
  • 休日は少なく奴隷のように働いている
  • 残業は当たり前、残業代はなし

リハビリ業界は、入ってみないと分からないことが多い職種です。

これはどの職業にも言えることだけど、良いところばかりだけではないです。

理想と現実のギャップはどの職種にもありますが、リハビリ業界に入っての不満は、給料と休日が少ないことでした。

理学療法士の収入は下がる一方だし、収入を増やすにはいろいろな方法はあるけど、現実味があって安定しているのは、やっぱり「転職」です。

転職サイトを使うことで、好条件の非公開求人を含め、自分に必要な情報を効率よくもらうことが出来ます。

ぼく自身も、老健に転職してからは給料もアップしました。病院勤務してたときより残業も圧倒的に減ったし家族や自分の時間を大切に出来ています。

【おすすめ転職サイト】

1 マイナビ メリット デメリット

2018/8/21

理学療法士が転職するなら大手のマイナビコメディカル!評判の良い理由はこれ!

ぼくは、転職する際に「マイナビコメディカル」にお世話になりました。 転職の成功率を高めるために、リハビリ業界でも転職サイトを使っている方も多くなっています。理由は、転職を成功させるにはたくさんの情報を持っていることが最低条件だからです。

ReadMore

2 メドフィット メリット デメリット

2018/8/21

転職に失敗したくない理学療法士へ!メドフィットの評判の良い7つ理由

転職サイトが数ある中でも、非公開求人が多く、全国展開していることで使いやすい!と有名な「MEDFit(メドフィット)」。 実際に使ってみると、親切丁寧にアドバイスを貰うことが出来たので、気持ち良く就職活動をすることが出来ました。

ReadMore

3 PTOT人材バンク メリット デメリット

2018/8/20

実際に使って分かった!PTOT人材バンクが評判の良い理由がこれだ!

リハビリ業界では、マイナビコメディカルに次いで、有名な「PTOT人材バンク」。 有名な理由として、医療、介護業界に特化した株式会社が運営しているからです。広告でも見たことがある方は多いはず。 ぼくも転職するときには、お世話になったサイトのひとつです。

ReadMore

  • この記事を書いた人
PTねこさと

副業PT

30代、既婚者の理学療法士(6年目)。 ブラック病院を経験し老健へ転職しました。 このこのサイトでは、ブラック病院の体験談と転職することで新たな道が開けることを書いています。 悩んでいる方が少しでも笑顔が増えてくれたら嬉しいです。

オススメ記事

理学療法士 転職サイト ランキング 1

ベテランPTこの記事では、転職を考えている理学療法士の方のために、ぼくが実際に使って良かった、転職サイトをランキング形式で紹介していきます。 転職サイトを使い「管理職」に就くことが出来た、現役の理学療 ...

理学療法士 転職 2

この記事のポイント この記事では、劣悪な環境の職場から、転職サイトを使って転職に成功したことや転職するまでの経緯を書いています。実際に使って良かった転職サイトも紹介しているので、転職を考えている方の参 ...

転職 デメリット 理学療法士 3

転職するデメリットでお悩みですか? ぼくは、転職することで、ストレスから解放されました。 転職するまでは、不満を持ちながら働いている時間はムダだったと感じています。 理由はストレスを感じながら、働いて ...

理学療法士が転職して分かった4つの大切なこと 4

転職してからは、圧倒的に時間・精神的に余裕ができて、副業でもプラスアルファの収入を得ることが出来ています。

-理学療法士・作業療法士の悩み
-,

Copyright© 理学療法士のための働き方・ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.